FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

012.こんなCDとカセットを聞いて作品の着色と植毛をしました その2~無限地獄突入編

K氏、あけましておめでとうございます。今年も与太話に宜しくお付き合いの程。

第8回目のこのブログを読んだ友人が、TASCAMのPORTASTUDIO424という機種の、
4トラック方式のカセット・レコーダーを年末に送ってくれました。
それで年明けの1月4日、わたくしそれを自部屋のオーディオに接続↓してみたのです。
hb160122 - 18b

こういった機種についてはあんまり詳しくないのですが、おそらく1980年代前半くらいから、
90年代半ばくらいまで普及したであろうレコーダーなのです。何せカセット・テープ式ですから。
いわゆる宅録少年達が愛用したのでしょう。友達にもそういう人が何人かいましたので。
なぜか皆さん、前髪をかきあげながら口を突き出し、教授気取りでセコセコと録音していました。
しかしあくまでもレコーダーなので、デッキとしては使用できるのかなと思っていたのです。
互換性というか、果たして音がちゃんと出るのだろうかと。

それで接続してみると、驚くほどすんなりと!音が出ました。それもかなりの高音質で!
クローム・テープ専用機と説明書に書いていましたが、ノーマルでも問題無く再生出来ました。
上記写真を見ると解るように、かなりたくさんのツマミ類がディスプレイされています。
今後私が宅録する事はおそらくないと思いますが、それでもこれら本来は録音用のツマミが、
再生時のバランスや音質の細かい調整に、意外と効果を発期してくれるのです。

このTASCAMのカセット・レコーダーに関しては、最後にもう一度触れるとして、さて今回は。



前回、前々回と追悼ブログ『安藤昇と野坂昭如にレコード・マニアの追悼!』を書きましたので、
今回は第9回からの続きです。内容を忘れた方はもう一度遡って読んでみて下さい。では始めます!

◎第5日~第8日 果たしてこれで良いのかという疑問を投げかける音楽を!
hb160122 - 24 hb160122 - 34
第4日の終わりに「まったりと着色作業と音楽が続き、何とか4日目まで無事終了です」
と書きましたが、このあたりになると疑問が生じて来るのです。

「他人から見れば八割方完成しているように見えるかも状態」とも書きましたが、
実はこの状態というのは作品を創造する過程で、結構危険な状態ではないかと思うのです。
つまり「他人の考えるあと2割」を手っ取り早く充填すれば、作品は簡単に完成してしまうのです。
何にでも最短距離というものがありますが、最短距離で行くのが良い場合と悪い場合があります。

少しでも何か創った事がある方なら解ってくれると思いますが、そうして完成させてしまった物を、
しばらくして後から見た時に、何かが物足りなく感じてしまった事はないでしょうか?

作品というものは、完成後かなりの年月を経た場合などに、本人の意向とはまるで関係無く、
意図せざる他人が見てしまう可能性があります。それはコントロール出来ない性質のものなのです。
その作品が優れていようがなかろうが、高値で取引されていようがタダ同然であろうが、
作品が目に触れる時は触れるのです。偶然なのです、偶然。作品とは恐らく幽霊の仲間なのです!

作品の着色作業の経過写真も無いので、想像してもらうしかないのですが、
第4日時点での私の蝋彫刻作品の表面の色は、非常にまとまりかけてしまっているのです。
そこで、今この時点で必要な音は、そのまとまりに「待った!」をかける音楽なのです。
しかも日本語で現状に疑問を投げつけるといった、いわゆるプロテスタントな歌詞の曲ではなく、
サウンドや、存在自体が得体の知れない感じとでも言うのでしょうか。。。

『PSYCHIC TV / FORCE THE HAND OF CHANCE』
『E. HYOLEE / DARK ANGEL』(韓国の女性アイドル歌手)
『安田明とビート・フォーク 他 幻の名盤解放歌集 / サヨナラは出発のことば』
『マーク・スチュワート / エディット』
『FRED FRITH / SPEECHLESS』
『ルー・リード / 警鐘』
『MX-80 / BIG HITS/HARD ATTACK』
『筋肉少女帯 / SAN FRANCISCO』
『特撮 / 爆誕』
『PERE UBU / LADY FROM SHANGHAI』
『TINY TIM / ROCK』
『スーサイド / ハーフ・アライヴ』

実際はもう少し聴いているのですが、解りやすくする為に12枚に絞りました。
特に意識した訳ではないのですが、ニュー・ウェーブ/オルタネイティブ系が多くなりました。

日本語の音楽が非常に少ない中に、大槻ケンヂ氏の「筋肉少女帯~特撮」があります。
実はこの方の音楽作品群は全然把握出来ていないのですが、たまたま入手した上記の2枚が、
何故か私がこの段階で求める音にピッタリとハマり、ここ近年の作業には欠かせなくなりました。 

◎第9日~第11日 「まったり」と「覚醒」が交互にやって来る無限地獄に突入!
hb160122 - 43 hb160122 - 45
さて、次の段階に突入しました。自分に疑問を投げかけてばかりでは先に進みません。 
第8日目までの着色作業で、蝋彫刻作品の表面の色に、かなり「動き」が復活して来ました。

しかし何事もそうだと思うのですが、辛い食べ物を続けていると辛さに慣れてしまいます。
「動」ばかりでは「静」が引き立ちません。作品の表面に於いても同じ事が言えます。

この段階での着色作業では、その事を踏まえて選曲しました。これも12枚に絞っています。
野球で言うジグザグ打線のような、ゆっくり系とスピード系を交互に配置。
若干、3日目~4日目辺りののんびり感と、初日のシャキシャキ感の着色作業を復活させる感じで。
作品の表面を少しまとめては、壊す!ナデナデしては、ビンタを張る!全てはCDに合わせて。 

『幻の名盤解放歌集 / ニャオニャオ甘えて』(まったり)
『クラフトワーク / コンピューター・ワールド』(覚醒)
『オムニバス /(韓国演歌ですが読めないので表記出来ません)』(2枚組)(まったり)
『エレファントカシマシ / エレファントカシマシ(1st)』(覚醒)
『ロイ・オービソン / キング・オブ・ハーツ』(まったり)
『あぶらだこ / あぶらだこ(2nd)』(覚醒)
『GAINSBOURG / JE T' AIME…MOI NON PLUS』(まったり)
『ザ・ルースターズ / ザ・ルースターズ(1st)』(覚醒)
『高田渡 / ファースト・アルバム ごあいさつ』(まったり)
『M.I.A. / MAYA』(覚醒)
『大塚まさじ / スーパー・ベスト』(まったり)
『MARK STEWART / DREAM KITCHEN』(シングルCD)(覚醒)

いまや完全に音楽に操られています。まるでゾンビです。わたくし全く意志がありません。 
これで作品を制作していなかったら、完全になんたら性かんたら障害なのでしょう。
なので、早く次の段階に進まなければ、日常生活に支障をきたしてしまいます。

--------さて、作業は何とか無事、11日目まで終了しました。やっと少し先が見えて来た感じです。
しかし、本当の正念場はこれからなのです。私の眼はミクロ・モードに設定完了しました。

第12日以降、次回に続きます。いやが上にもどんどんと、わたくしの孤独感は増していきます。



さて冒頭に書いたTASCAMカセット・レコーダー話なのですが、予想外の良い音に驚いています。

一般的なカセット・デッキとは違い、このカセット・レコーダーにはレコーダーならではの、
録音用に用いられる左右のバランス調整や、高音低音ツマミ、スピード調整といった機能があり、
これをカセット・デッキとして使用した場合、かなり充実した機能が発揮されるのです。

それで最近、去年の夏に入手したステレオ・ラジカセ"七夕号"でさんざん聴いたカセットを、
改めてこのTASCAMのカセット・レコーダーで聴きなおしているところです。

市販されたソフトとはいえ、音の悪いカセット・テープはたくさんあります。
更に、経年劣化した音の悪いカセットは、左右のバランスが悪くなったものが多いのです。
やがてそれが進むと、高音域の出量がだんだんと少なくなっていきます。

--------K氏、K氏、一寸聴いて下さい!こうやって左右の音のバランスを矯正すると、、、
ほら、かなり聴きやすくなるでしょ!次にかなり出の悪くなった高音をこのツマミで上げて、
ついでに低音もかなり上げ気味にして、、、スピードも若干落ちてるみたいだし、、、
こうやってあちこち調整すると、、、ホラ不思議!こんなにも音が良くなるとは。
最初っから音質劣悪のこのインディーズ物のカセットも、見るからに海賊版のこのアジア物も、
このTASCAMさえあれば、まるでエラソーにリマスターされたSHM-SACD並の音に。
といってもわたくし、SHM-SACDなんて1枚も聴いた事ないのであくまでも想像ですが。
いやホント、このTASCAM最高!これさえあればどんなカセットも高音質に。
いやぁやっぱり、良い音でカセットを聴くのって最高だね、K氏!

、、、でもさっきからK氏の言葉数が少なくなっているのが、大変気にかかるのですが--------

K氏、わたくしやっぱり相当に矛盾した、殆どなんたら性かんたら障害の人間なのでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

杉本英輝

Author:杉本英輝
ロウというちょっと変わった素材で、彫刻をやっています。作品についてはこちらをご参照下さい。
http://sugimotohideki.com/
このブログでは主に音楽についての、あれやこれやを書いて行こうと思っています。なるべく記憶をたよりに書くつもりですので、間違い等ありましたら何なりと、ご指摘下さると非常に助かります。その他にも色々なコメント、大歓迎です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。