FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

014.こんなCDとカセットを聞いて作品の着色と植毛をしました その4~三日間格安アジア一周編

さてK氏、前回で出題した超難関クイズの解答ですが。。。

何かまた、ヨタ話をたらたらとしてしまいそうなので、今回のブログの最後にしましょう!
あんまり説明するような答えでもありませんので。見て解ってくれる人は解ってくれるかな、
ぐらいの感じですのでまあそれ程と言うか、、、って何故か私、若干弱気になってしまいましたが。

さてそれでは長かった着色作業もついにフィナーレ、「最後の3日間」といったところでしょうか。
しかしあくまでも着色作業の最後なのです。その後は鬼ヤバの植毛作業が控えているのです!

でも何故かいつも、着色が終われば漂流者気分が少し緩和されるのです。今回はそういうお話です。



◎第15日~第16日 漂流者は母国語も聴き飽きて脳内でアジア各地を移動

前回書いたように12~14日目の三日間、浴びる程、日本語の「音楽」と「語り」を聴きました。
流石に日本語はもうたくさん!かといっていきなり英語圏の音楽にはまだギャップがあり過ぎて。

今現在、着色作業の方は、かなり先が見えて来ている状態です。
と、言うか「よし、もう終わる、もう終わる」と常に考えながらもなかなか完了しない状態が、
ずっと持続しているといった方が、正しいかも知れません。解ってもらえますよね?この感じ。

キリの良い所まで仕事をと思ったもののハマッてしまい、なかなかキリがつけられないような感覚。
あるいは汚れが気になった家電等を戯れに磨いてみたら、それが予想以上にキレイになってしまい、
まだまだピカピカにする!購入時くらいの新品同様状態にまで!と止らなくなったりとか。。。

この二日間は殆どそういった心境でした。二日間かけようと思った訳では決してありません。
それにしてもこの着色作業、なかなか簡単に満足出来る仕上がりには落ち着いてくれないのです。
極細の筆先に着いているほんのわずかな絵の具の点が、全体の雰囲気を左右してしまうのです。
もっと細かく!もっと綿密に!もっと完璧に!、、、こ、こんなものでしょうか、、、
自分自身がドSの女王様とドMの奴隷様を、同時に演じているような妙な気分にもなります。

私の耳のある部分は、14日目から引き続き、少しだけ日本的なテイストの音楽を求めています。
しかし、じっくり聴き入ったりして言葉に頭を邪魔をされない感じも、同時に求めているのです。

この様な気分の時に一番しっくりと来る音が、アジア圏の音楽、いわゆる「亜モノ」なのです。

さて、まったりと船出です。日本人にとっても、比較的馴染み深い方々の唄声に乗っかって。
hb160220 - 01
『鄧麗君(テレサ・テン) / 永遠愛我 黄金珍蔵・永記不忘』(台湾/得体の知れない3枚組の中の1枚)
『林憶蓮(サンディ・ラム) / 明明』(香港/これまた得体の知れないベスト物)

舟は浅瀬を離れました。なので若干スピードが必要になって来ました。少し古めの女性歌手中心で。
  hb160220 - 02
『KIM JUNG MI / KIM JUNG MI』(韓国/女性ロッカー。ジャニスの韓国語カバーも!'74年)
『オムニバス / SINGAPORE A-GO-GO』(シンガポール/日本のGSにも聴こえます。'70年前後)
『歐陽菲菲 / 巨星経典系列(3枚組)』(台湾/フィーフィーの'70パンチ歌謡。日本歌謡のカバーも有)
『KIM CHU JA / 1969 GOLD』(韓国/女性ロッカー。コブシが効いてて尚かつサイケです!)
『オムニバス / SAIGON ROCK & SOUL 1968-1974』(ベトナム/目が醒めるほど強力な17曲!)
『DARA PUSPITA / 1966-1968』(インドネシア/女性GSバンド。キュートです!)

よし、このCDが終わる頃には着色作業は完了かな、、、と思いつつ、なかなか船は停泊しません。
韓国モノで、我が身を若干アセリモードに焚き付けてみますが。。。
hb160220 - 03
『李博士(イ・パクサ) / ポンチャックで身長が5cm伸びた!』(韓国代表のポンチャッカー!'96年)
『シン・ジュンヒョン / (韓国語で読めないので表記出来ません)』(韓国ロックの父が自身の代表曲
をセルフカバー。'80年。上記KIM姓女性2人のCDも氏によるプロデュース盤。)

一体どんな海路を通っているのでしょうか?海上をジグザグにですか?早く帰国したいのですが。
hb160220 - 04
『SACMAU / TUOITHO』(ベトナム/少女4人による歌謡グループ。'01年)
『LEE JANG HEE / MEET ME IN A ROOM』(韓国/幽玄なるアシッドフォーク。'73年)
『ヘティ・クース・エンダン / うぶ毛がそそり立つ』(インドネシア/この手の音の王道。'87年)
『オムニバス / THAI BEAT A GO-GO VOLUME 3』(タイ/亜モノ辺境珍曲集!'60末~'70年代)
『PUL SISTERS / ベスト(2枚組)』(韓国/上記ジュンヒョンのプロデュース。絶品!'70年前後)
『黒豹楽隊(HEI BAO) / (1stアルバム)』(中国/アジア直系の骨太ハードロック。'92年)

おっと、ここで船がいきなり寄港するみたいです!かなりの船酔いなので一刻も早く下船を!
しかし何の前触れもなく、唐突に着色作業が完了したみたいなのですが、、、バンザ~イ???

え?でも?、、、どうやらこの港は日本ではないみたいなのです。
しかも何故かこのアジアの異国の港町に、4~5日は居続けなければならないようなのです。。。

◎第17日 密猟船や密航船を脳内で乗り継ぎ~何とか現在の日本に帰国

すみません。全く何の話か解らないですよね。この例え話、誰にも解るはずがありません。

簡単に作業の説明をしますと、5行前の「唐突に着色作業が完了」と言うのは、
確かにこの時点で、着色をする部位が全く無くなったのです。何故かこのタイミングはいつも、
自分でも予想外に!唐突にやって来るのです。但し!それはオモテ面に関してだけなのです。

私の作品は廻り込みの激しい形態が多く、これだけの日数をかけて着色をしても、
どうしても筆の入らない所があり、作品を裏返してみると塗りの薄い部分が何箇所か出来ています。
その為に、前日までに完了したオモテ面を完全に乾燥させ、裏返しても着色する必要があるのです。

4~5日間は完全に放置。そして布や綿やエアキャップを敷き詰め、その上に裏返して設置します。
形態が不定形なので、かなり慎重に凹凸を拵えて作品がズレないようにします。

その上で、塗りの薄い部分に着色する訳なのですが、今までの16日間に着色したオモテ面と、
全く同じ色にする事は短時間では不可能です。それに、そこまでの厳密さも必要ではありません。
要はオモテ面から自然に繋がって見える様に、塗りの薄い部分に色を捕足する作業なのです。

過去に何度か作品展示をした事がありますが、床に這いつくばる様にして作品を見上げるように、
観賞してくれた方が何人もいました。塗りの薄い部分は無いかとヒヤヒヤした経験があります。

さて17日目のこの着色作業、数日のインターバルを置いたので休養十分、船酔いも緩和されました。
本日必要な音は、16日目まで彷徨ったアジア各国から、徐々に現在の日本にと帰国する音楽です。
なので海路はまるで無視して、年代がだんだんと2016年に近付くような選曲にしました。

hb160220 - 05

『サヌリム / 僕が告白したらビックリするよ』(韓国/大韓ロックの雄、唯一の日本盤。'81~'86年) 
『王菲(フェイ・ウォン) / 十万回のなぜ』(香港/現在も人気のシンガー。「悪女」カバー有!'93年)
『崔健(ツイ・ジェン) / 天能的力量』(中国/いつもながら素晴らし過ぎる4thアルバム!'98年)
『FUTON(フトン) / ギヴ・ミー・モア!』(タイ/日・英・タイの謎の国籍混合バンド。'05年)
『PSY(サイ) / 第6集 PART 1』(韓国/米国大ヒット「江南スタイル」収録!銀箱入りCD。'12年)

何とか「江南スタイル」の力を借り、2012年の韓国まで辿り着きました。流石、国際スターPSY!
着色作業の方も、着実に一歩づつ、空白が埋まりつつあります。江南力で慎重に、慎重に着色を。
そしてどうやらこの密航船はこの先、日本を目指しているみたいなのですが。。。

 hb160220 - 06
『喜納昌吉&チャンプルーズ / BLOOD LINE』(名曲「花」収録。ライ・クーダー参加。'80年)
ようやく、港が見えて来ましたが。。。ここは何故か沖縄ではないですか!確かに日本ですが。。。
しかも1980年ですか。。。2012年から逆行ですね。。。もっとタイムワープしなければ!

hb160220 - 07
『クレイジーケンバンド / GALAXY』(CKBの中でもアジアンテイストの高いアルバム。'06年)
どういった海路か解りませんが、何とかィヨコハマまでやって来ました!でもまだ2006年です。
空間を漂流しているのか、時間軸を彷徨っているのか、完全に解らなくなってしまいました。
でも、着色作業の方はやっと終わりが見えて来ました。もう、すぐそこなのです!

hb160220 - 08
『電気グルーヴ / 25』(25周年記念のミニアルバム。約26分収録。'14年)
そんなこんなで、長かった着色作業の旅もようやく終わりです!やっと近年の東京に着きました!
この漂流の最後を何故このCDにしたのかと言うと、私の見解では、今現在この人達ほど日本人的で、
なおかつアジア的なバンドは他にないのではないかと、最近特に思うようになりましたので。
更に今回のこのジャケット、香港か韓国の変なバンドのCDみたいにも見えます。

第18日以降、次回に続きます。遂に植毛作業開始です。地獄の針山登山、何日かかりますやら。。。



では冒頭に書いたように、前回で出題した超難関クイズの解答です。
一体どのくらいの方が真剣に考えてくれたか予想さえつきません。何せ返答ゼロでしたので。。。

とか言ってイジけていてもどうにもなりません!まだまだ人生この先、良い出会いもあるはずです!

では解答です!私の作品とその方の作品の位相が近く感じ、私的に超リスペクトしている音楽とは、
この写真↓のアーチストが産み出した、不憫なる恥かきっ子のような楽曲群です!
hb160220 - 09
(LP『つボイノリオ / ジョーズ・ヘタ』'76年)

この件に関しての説明は無粋になるので、わたくし一切いたしません!

K氏、決してまばたきしないサメの様な目で、わたくしをそんなに上から下まで見なくても!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

杉本英輝

Author:杉本英輝
ロウというちょっと変わった素材で、彫刻をやっています。作品についてはこちらをご参照下さい。
http://sugimotohideki.com/
このブログでは主に音楽についての、あれやこれやを書いて行こうと思っています。なるべく記憶をたよりに書くつもりですので、間違い等ありましたら何なりと、ご指摘下さると非常に助かります。その他にも色々なコメント、大歓迎です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。